PEOPLE

BBSジャパンで働く先輩たち

BBSジャパンで働く先輩たち

失敗を恐れず、無限[∞]の可能性に挑戦しよう。

  • 営業
  • 小嶋 由佳子
  • 2017年入社

世界のカーメーカーへ BBSブランドの価値を伝える

BBSジャパンの製品は、大きく2つのカテゴリーに分かれます。ひとつはアフターパーツとして供給するもの。もうひとつが、自動車メーカーの車種専用品(標準装備品orオプション品)としてOEM供給するもの、この2つです。私が担当しているのは後者。海外の自動車メーカーを相手に、BBSホイールのブランド価値を伝え、製品を普及させていく使命を担っています。先般もイギリスへ出張、高級車・スポーツカーメーカーであるB社を訪問。当社技術スタッフに付き添い新製品のミーティングに参加してきました。

「知る人ぞ知る」ブランドから次のステージへ

自動車メーカーの人たちの間では、BBSジャパンのホイールは「世界屈指」との評価が浸透しています。そして「とても高価である」ことも(笑)一方、ユーザーの間では日本国内においてほどBBSブランドは知られていない。だからメーカーとしてはBBS装着モデルを売りたいのに、ユーザーからは「高い」と敬遠される。ここに海外市場の課題があります。どうすればユーザーにもっと浸透し、さらに多くのカーメーカーに採用してもらえるか?そんなテーマに取り組んでいます。

電気自動車も有望市場 成熟社会に「感性」を売り込む

BBSを履いたクルマに乗ると「明らかに乗り心地が変わる」と、多くのオーナーが口を揃えます。この「心地=感性」の満足こそ、成熟社会が求めているもの。今後BBSは、大きく成長していくEV市場へもアプローチして参りますが、そこでも成熟したユーザーが「価値あり」と認めるブランドであり続けたいと思います。

何でも語り合える「風通しの良さ」がある

最後に、職場としてのBBSについてひと言。チャレンジしたいアイデアがあれば、気軽に言える・聞いてもらえる。とても風通しの良い職場です。経営トップまでの距離が近いのも特徴。やりたいことをやらせてもらえる、任せてもらえる、そんな風土があります。クルマ好きだけでなく、「感性」を武器に世界マーケットを相手に仕事をしたい、そんな人にぴったりの会社だと思います。

Profile

福井県出身。最近クイズ番組でお馴染みの大学で、8年間にわたって江戸時代の庶民史を学んだというユニークな学歴。一方でTOEICは満点クラス。その英語力を活かし海外市場に向けたBBSの拡販に取り組んでいる。学生時代はアカペラ同好会に所属。「アナ雪」の英語バージョンは、その見事な発音もあいまって、絶品。